クールスマイルについて


クールスマイルは2011年3月11日に発生した、東日本大震災の衝撃をうけて、発足しました。

夏に復興が必要であることをすぐさま思いつき、震災被害地域の復興に生かせないか、開発による後方支援を目的とし、通常はあらゆる暑い現場で使用できる熱中症対策製品の開発を進めました。

地震に津波、福島第一原発の事故、緊迫した電力需要における計画停電。風水害や地震などの天災後の復興を支援できる製品。労働の過酷な暑さから救える製品を目指しました。

現在の人間エアコンの品質になるまでには多くの時間がかかりました。妄想から実験を繰り返し、99%の失敗の中から学んだ毎日の発明により実現しています。日々の努力を惜しまず、7年間の赤字開発でもあきらめなかった。

人間エアコンにかける思いは、人一倍強く、たった一人ではあるが、強い気持ちにより成熟したクオリティを生み出し、現在は実際に現場で大活躍しています。
一人はみんなのために、みんなは一人のために。”ニッポンを冷やそう!”のスローガンを掲げ、毎日革新を続けています。

開発者 中西雄三  (2019.10.9)
クールスマイルの最初のミッションは、人間エアコンの初期型製品 CA2typeBCS311との組み合わせ製品を、被災地に(支援として)持っていくことでした。当時(2016年7月)最新鋭かつ、夜な夜な作って出来立ての人間エアコンを愛車のバイクに詰めるだけ積んで、大阪港より出航し九州へ向かいました。行き先は熊本県益城町でした。
CoolSmile(R)熊本地震復興支援ミッション レポート

人間エアコンの記念すべきファーストモデルは、CA2typeA CA2typeB との組み合わせのCS3032種類。
セット価格は12万円でした。開発費用などを考えるとこれでも激安の部類なのですが、本来であれば50万円ほど欲しかった生産技術でした。それでも初年度12セットほど売れた当時ベストバイ製品でした。
かなり苦労を重ねて開発したことを覚えています。

このセクションには商品が登録されていません

【303BEZ330】熱中症対策人間エアコンフルボディ冷却着衣ベスト型水冷服(下着)CoolArmor CA3 EZ33+CS303Bシステムセット

【319iEZ2】熱中症対策人間エアコンフルボディ冷却着衣ベスト型水冷服(下着)CoolArmor CA3 EZ2+CS319iシステムセット

【371iEZ2】熱中症対策人間エアコンフルボディ冷却着衣ベスト型水冷服(下着)CoolArmor CA3 EZ2+CS371iシステムセット

CS707バケツエアコン キャンプ 車中泊に エアコン 猛暑 熱中症対策